2018年08月19日

奥秩父前衛、乾徳山2,031m

徳和登山口よりピストン
日 程:2018年5月27日(日)晴れ
参加者:L テッペン マサコさん Iさん ヤスコさん ヤスヨさん
コースタイム:徳和駐車場10:57〜登山口11:20〜銀晶水11:55〜錦晶水12:36〜国師ヶ原12:46/12:58
     扇平13:22〜剃刀岩13:52/14:00〜乾徳山山頂14:25/14:39〜扇平15:13〜高原ヒュッテ15:33
     /15:49〜登山口(林道)16:51〜徳和・駐車場17:11




E5BEB3E5928CE9A790E8BB8AE5A0B4E38288E3828AE382B9E382BFE383BCE38388-thumbnail2[1].jpg
 
『徳和の駐車場より遅いスタートです』

美味しい水でした!.JPG
 
『”錦晶水”美味しい水でした!』

国師ケ原では小梨が満開でした。.JPG
『国師ケ原では小梨が満開でした』

小梨の花.JPG
  
『小梨の花』

ヤマツツジ.JPG
  
『ヤマツツジ』

剃刀岩でアソブ.JPG
  
『カミソリ岩で遊ぶ!』

ミツバツツジ.JPG
  
『ミツバツツジ』

山頂直下の鳳岩.JPG
 
『山頂直下の鳳岩』

鳳岩を登るIさん.JPG
 
『鳳岩を登るIさん』

乾徳山山頂.JPG
『乾徳山山頂』
一 言
  当初予定の赤岩岳が、中津川のトンネル内でモルタル吹き付けが剥がれ通行止めとなっており、急遽、乾徳山に変更しました。スタートが遅くなりましたが、天候も良く、山頂付近の岩場で楽しみながら登る事が出来、まあまあでした。帰りの中央高速の渋滞には閉口!(テッペン)
posted by てっぺん at 17:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | 周回登山(縦走) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

西丹沢 檜洞丸1,601m 北尾根〜ヤタ尾根 周回 

『シロヤシオとミツバツツジが満開でした!』

日 程:2018年5月17日(木)晴れ
コースタイム:日陰沢橋8:19〜広河原9:07〜ドラム缶広場9:55〜檜洞丸山頂
11:24/11:41〜ヤタ尾根分岐12:08〜林道横断12:55/13:02
〜日陰沢橋13:34
ひわた橋.JPG
 
『神ノ川林道の”ひわた橋”』

北尾根下部.JPG
『北尾根下部は九十九折れの作業道を尾根末端に回り込む様に登る』

ふたりしずか.JPG
 
『ドラム缶広場のフタリシズカ』

北尾根のブナ林.JPG
 
『北尾根のブナ林』

シロヤシオ.JPG
 『北尾根のシロヤシオ』

シロヤシオのトンネル.JPG
 
『シロヤシオのトンネル』

ピンクと白の競演.JPG
 
『ピンクと白の競演』

富士山遠望.JPG
 
『檜洞丸山頂を下り、縦走路からの富士山とミツバツツジ』

ヤタ尾根のブナ林.JPG
 
『ヤタ尾根のぶな林』

檜洞丸北尾根遠望、右手ヤタ尾根.JPG
 
『下山後、神ノ川林道より見上げる檜洞丸北尾根とヤタ尾根』

新緑とシロヤシオの観賞を兼ね平日の西丹沢に入山。
平日とは言え、日陰沢橋上の林道ゲート付近駐車スペースには多くの車が駐車されていました。
広河原までの林道は周囲の新緑を楽しみながら歩く。林道の右急カーブ付近からの草ヤブの作業道を進むと、木に巻かれた赤テープが多くなる。北尾根下部は九十九折れの作業道を尾根末端に戻る感じで標高を稼ぐ。
尾根中間付近のシロヤシオはもう花びらが散っていたが、山頂近くのシロヤシオは満開で、ミツバツツジとの競演は見事でした。シロヤシオの開花に合わせ、檜洞丸の山頂は多くの登山者で賑わっていました。(テッペン)
    
    
posted by てっぺん at 11:31| 神奈川 ☀| Comment(0) | 周回登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

東北・鳥海山(七高山2.236m)

 快晴に恵まれました!
日 程:2018年4月27日(金)〜29日(日)
参加者:L テッペン kさん Hさん
コースタイム:
4/28 快晴
祓川ヒュッテ6:48〜七ツ釜避難小屋8:02〜七高山山頂10:32/11:07〜七ツ釜避難小屋11:27〜祓川ヒュッテ下駐車場12:00/13:40⇒フォレスタ鳥海(入浴)⇒家路
  
  
祓川ヒュッテ到着.JPG
  
『祓川ヒュッテには日没寸前に到着です』

今夜は貸切状態の祓川ヒュッテです.JPG
 
『今夜は貸切状態の祓川ヒュッテです』

今日は快晴で登山日和です。.JPG
 
『翌朝、快晴に恵まれました!』
 
雪面はカリカリにクラストしてます。.JPG

 
『好天に感謝!いざ出発!』

シールで快調に登る.JPG
 
『シールで快調に登る、近くに見える山頂もなかなか遠い!』

七ツ釜避難小屋で1本立てる。.JPG
 
『七ツ釜避難小屋で1本立てる』

七高山山頂.JPG
 
『七高山山頂到着』 

新山山頂、.JPG
 
『最高峰の新山』

いよいよ滑降!!.JPG
 
『これから滑降です!Hさん』

祓川登山口を目指しスタート!.JPG
 
『祓川登山口を目指しGO!』

駐車場まで40分ほどで到着!.JPG
 
『あっと言う間に駐車場に到着!名残惜しく鳥海山を見上げる。』

  
前日は秋田県の矢島登山口までの9時間ほどの長距離ドライブで道中、新緑、桜の満開を楽しみながら走行でしたが、関東からは遠いの一言です。祓川ヒュッテにはどうにか日没寸前に到着し、先着のHさんと3ヶ月ぶりの再会。
祓川ヒュッテは、本日より営業開始で、今夜は我々だけの貸切状態でした。ヒュッテは綺麗で、キッチンも使え快適で、さっそく再会を祝い乾杯!
翌日はこれ以上ない快晴に恵まれました。
昨日は強い風の歓迎でしたが、今日は風も納まり、カリカリの雪面をシールを着けて出発。
途中、偶然にも地元秋田のHさんと再会。自宅を4時に出発してきたとの事で、今日は山仲間と鳥海山登山との事でした。
七ツ釜避難小屋から先は少し傾斜が増し、山頂直下はシールの限界を感じ、ツボ足で山頂を目指す。多くのスキーヤー、登山者でにぎあう山頂からの眺望を堪能し、登って来た斜面を滑降。
途中、七つ釜避難小屋で1本立て40分ほどであっという間に登山口に到着。フォレスタ鳥海で入浴後、家路につきました。(テッペン)
posted by てっぺん at 09:57| 神奈川 ☀| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする