2017年10月22日

草津白根山(2171.00m)& 赤城山(1828.00m)

 『20年以上続く年1回の交流山行です』
日 程:22017年9月1日(金)〜3日(日)
参加者:Lテッペン タケチャン ホリ先輩 カッコさん ミカコさん ノブコさん トシエさん マサコさん 
      ミツルさん(OB)マサコさん(OB) シズエさん(OB) コウイチさん(OB)Hさん(会員外)
 コースタイム:
   9/1 ※横浜⇒草津温泉および付近にて前泊
   9/2 曇り時々晴れ
  白根火山ロープウェイ山麓駅9:00⇒山頂駅9:10/9:14〜本白根山・中央火口分岐9:53/10:00〜歩道最高地点2150m10:16/10:36〜展望所11:05/11:09〜鏡池分岐11:42〜山頂駅前広場12:04/12:37〜白根レストハウス〜白根山・湯釜展望台13:10/13:25〜白根レストハウス〜白根火山ロープウェイ山頂駅13:54⇒山麓駅14:23⇒草津温泉、ホテル中沢ヴィレッジ(宿泊)
   9/3 晴れ
     草津温泉⇒赤城山・黒檜山登山口10:25/10:38〜富士山展望所11:27〜黒檜山山頂12:16/12:50〜猫岩13:59〜登山口14:13〜登山口駐車場14:18 解散

まずは本白根山へ登ります。.JPG
 
『本白根山の遊歩道最高地点へ』

ヤマハハコ.JPG
  
『ヤマハハコ』

アキノキリンソウ.JPG
 
『アキノキリンソウ』

中央火口.JPG
 
『中央火口』

残り”コマクサ”.JPG
 
『"残り”コマクサ”』

展望台手前の分岐を左へ.JPG
 
『前方は展望所(竜王岩)です。本白根山、遊歩道最高地点を目指し、分岐を右手へ向かいます』

オヤマリンドウ.JPG
 
『オヤマリンドウ』

シラタマノキ.JPG
 
『シラタマノキ』

本白根山・遊歩道最高地点.JPG
 
『本白根山・遊歩道最高地点にて』

展望所の下り.JPG
 
『下りは展望所〜鏡池経由で』

鏡池.JPG
 
『昔の噴火口に水が貯まって出来た”鏡池”』

P9021585.JPG
 
『ロープウェイ山頂駅に戻り、白根山”湯釜”を目指す』

白根山湯釜.JPG
 
『白根山”湯釜” 神秘的なエメラルドグリーンの火山湖です』

草津温泉に宿泊しました。.JPG
 
『草津温泉のホテルに宿泊、夜は大宴会!』

二日目は赤城山、黒檜山へ
P9031640.JPG
 
『大沼と地蔵岳、左手奥には長七郎山』

P9031669.JPG
 
『当初予定の駒ヶ岳からの稜線ですが、今回は時間の関係で最短コースから』

P9031665.JPG
  
『黒檜山山頂で全員集合』

P9031658.JPG
『山頂絶景ポイントからの眺め』

P9031680.JPG
 
『来年の再会を誓い、登山口でお別れ』


 初日の草津白根山は曇り空で視界が今一つでしたが、今年6月に噴火警戒レベルが3年ぶりに下がり、展望所から白根山の湯釜を眺める事が出来ました。 夜は草津温泉に宿泊し、宴会の部でも交流を深めることができました。
翌、二日目の黒檜山は好天に恵まれ、山頂からは浅間山を始め周囲の眺望を楽しみました。
(記:テッペン)
【関連する記事】
posted by てっぺん at 10:47| 神奈川 ☔| Comment(0) | 交流山行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

東北 飯豊山2105.2m  (三国岳〜飯豊山〜梶川尾根 縦走) 

『雨の縦走、高山植物、高山蝶に慰められました』

日 程:2017年8月10日(木)〜14日(日)
参加者:Lテッペン ミカコさん キコさん
 コースタイム:
8/10 晴れ
   東京駅・東北新幹線10:00⇒郡山⇒会津若松⇒山都(飯豊登山アクセスバス)
    ⇒川入14:25(民宿・高見台泊)
8/11 曇り・雨(夕方一時晴れ)
   川入・高見台・民宿の車5:15⇒小白布沢登山口5:25/5:40〜横峰小屋跡7:45/7:51
    〜水場8:27〜地蔵山分岐8:41〜剣ヶ峰9:36〜三国岳避難小屋10:08/1034
    〜七森11:28/11:36〜切合小屋12:44
8/12 曇り 雨
   切合小屋5:40〜草履塚6:21/6:27〜御秘所6:53〜2060m7:32/7:38〜
   本山小屋7:55/8:18 飯豊山8:35/8:40〜駒形山9:00/9:12〜
   御西小屋10:20/10/40〜大日岳12:00/12:10〜御西小屋13:18
8/13 曇り 雨
   御西小屋5:42〜1880m6:48/6:53〜1980m7:44/7:50〜烏帽子岳8:10/8:18〜
   梅花皮小屋9:00/9:15北股岳9:44〜ギルダ原10:11/10:15〜門内岳10:41/10:47
   〜門内小屋10:50/11:11〜扇ノ地紙11:35〜梶山峰12:25〜五郎清水13:22
   〜滝見場13:58〜湯沢峰14:42〜登山口16:24〜飯豊山荘16:35⇒民宿“奥川入”宿泊
8/14 曇り 晴れ
    奥川入・民宿⇒バスで小国駅へ⇒米沢駅・新幹線⇒東京駅⇒横浜
登山アクセスバスで川入へ.JPG
 
『登山アクセスバスで川入へ』

初日は民宿・高見台さんに宿泊.JPG

『初日は民宿・高見台さんに宿泊』

小白布引沢の登山口よりスタート.JPG
  
『小白布引沢の林道終点よりスタート』

水場.JPG
 
『地蔵・水場』

P8111169.JPG
地蔵山西の分岐着』
 
剣ヶ峰の岩場を慎重に登る.JPG
 
『剣ヶ峰の濡れた岩場を慎重に登る』

三国小屋に到着.JPG
 
『三国小屋に到着』

センジュガンビ.JPG
 
『センジュガンビ』

ミヤマクルマバナ.JPG
 
『ミヤマクルマバナ』

タテヤマウツボグサ.JPG
 
『タテヤマウツボグサ』

チングルマ.JPG
 
『チングルマ』

残り”ヒメサユリ”.JPG
 
『残り”ヒメサユリ”』

切合小屋着.JPG
 
『切合小屋着・・今日はここに宿泊です』

切合小屋付近のマツムシソウ.JPG
 
『切合小屋付近のマツムシソウ』

今回の唯一の晴れ間!切合小屋より飯豊山方面の遠望.JPG
 
『今回の唯一の晴れ間!切合小屋より飯豊山方面の遠望』

夕食は手巻き寿司.JPG
 
『夕食は手巻き寿司』

切合小屋のすぐ上にある雪渓を登る。.JPG
 『
登山二日目も朝から雨模様・・切合小屋のすぐ上にある雪渓を登る』

姥権現、女人禁制の時代、禁を破り神の怒りに触れ入山した女性が石に帰られたと言う.JPG
 
『姥権現、女人禁制の時代、禁を破り神の怒りに触れ入山した女性が石に帰られたと言う』

ハクサンフウロ.JPG
 
『ハクサンフウ』

飯豊山山頂.JPG
 
『飯豊山山頂』

コゴメグサ群生.JPG
 
『コゴメグサ群』

ニッコウキスゲ.JPG
 
『ニッコウキスゲ』

御西小屋、本日はここに宿泊させて頂きます.JPG
 
『御西小屋、本日はここに宿泊させて頂きます』

飯豊連峰の最高峰大日岳・・周囲何も見えません。.JPG
 
『飯豊連峰の最高峰大日岳2.128mをピストン!・・今日は何も見えません。』

御手洗ノ池.JPG
『3日目も雨具を着けての行動です。”御手洗ノ池”』

シナノキンバイ.JPG
 
『シナノキンバイ』

ハクサンシャジン.JPG
 
『ハクサンシャジン』

烏帽子岳山頂 標高2017.8m偶然ですが、今年、今月の山です!!.JPG

『烏帽子岳山頂 標高2017.8m偶然ですが、今年、今月の山との事。シャッター押してくれた単独の方が教えてくれました』

梅花皮小屋の水場・おいしい水でした.JPG
 
『梅花皮小屋の水場・おいしい水でした』

梅花皮小屋とテンバ.JPG
 
『梅花皮小屋とテンバ』

ミヤマトリカブト.JPG
  
『ミヤマトリカブト』

北股岳山頂の鳥居.JPG
 
『北股岳山頂の鳥居』

『門内小屋、管理人さんに本日宿泊の民宿を予約してもらいました』.JPG
 
『門内小屋着、管理人さんに知り合いの民宿を予約してもらいました。』

マツムシソウを吸蜜中のアサギマダリ.JPG
 
『マツムシソウの花を吸蜜中のアサギマダラ、2000kmの旅に備え栄養補給中?』

飯豊山荘が見えてきました。あと少し!.JPG
 
『飯豊山荘が見えてきました。あと少し!』

雨の中無事下山!バックは梶川尾根.JPG
 『
雨の中無事下山!バックは梶川尾根』




 雨、雨で景色には恵まれませんでしたが、高山植物、高山蝶が慰めてくれる山行でした。
 飯豊本山以降は登山者も少なく、静かな山歩きとなり、最高峰の大日岳にも足をのばして来ました。
 (記:テッペン)
 

posted by てっぺん at 09:59| 神奈川 ☔| Comment(0) | 縦走山行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

北アルプス 白馬三山縦走(白馬岳2932.3m 杓子岳2812m 鑓ヶ岳2903.2m)

『天気に恵まれ、花三昧の山行でした。』

日程:2017年8月3日(木)〜8月6日(日)
参加者:L カッコさん、Aさん Yさん
記録:
 8/3 晴れ
  猿倉12:30〜白馬尻小屋13:43 泊
 8/4 晴れ
  白馬尻小屋5:58〜大雪渓6:50〜雪渓終わり8:05〜葱平9:45〜村営白馬岳頂上宿舎12:10着
  白馬岳山荘レストラン15:10〜白馬岳山頂15:25〜白馬岳頂上宿舎16:22 泊
 8/5 晴れ
  白馬岳頂上宿舎6:20〜杓子岳7:55〜鑓ヶ岳10:00〜鑓温泉小屋13:55 泊
 8/6 晴れ
 白馬鑓温泉小屋6:50〜猿倉12:30

初日は猿倉から白馬尻小屋まで。
”小屋手前のキヌガサソウの群生が私たちを迎えてくれました。”
キヌガサソウ.JPG
『白馬尻小屋手前のキヌガサソウの群生』

白馬雪渓の末端 小屋より.JPG
 
『大雪渓の方向はガスが立ち込め、明日がちょっと心配・・』

夕食を頂きます.JPG
 
『白馬尻小屋の夕食です。』

朝食をしっかり食べて・・.JPG
 
『小屋の朝食をいただき、出発!』

2日目、いよいよ大雪渓を登ります。
カッコさんとAさんは白馬駅前でレンタルした4本爪アイゼン、
私はチェーンスパイクアイゼンを装着して、雪渓を歩きます。
登るにつれ、周りに落石がゴロゴロ、自然と足が速くなります。
2時間ほどで大雪渓を歩き終えました。
白馬大雪渓をバックに!.JPG
『白馬大雪渓をバックに!』

ガスで煙る大雪渓、すでに多くの登山者が・・.JPG
  
『ガスで煙る大雪渓には多くの登山者』

IMG_0105.JPG
  
『思いのほか登りがきつかったのですが、ずっと続く高山植物の花畑に興奮気味で、辛さも忘れさせてくれました。』

ハクサンフウロ.JPG
『ハクサンフウロ』

クルマユリ.JPG
  
『クルマユリ』

IMG_0096.JPG
『オンダテ』

IMG_0102.JPG
 
『テガタチドリ』

IMG_0098.JPG
 
『ミソガワソウ』

IMG_0101.JPG
  
『タカネイブキボウフウ』

IMG_0111.JPG
  
『シロウマアサツキ』

IMG_0107.JPG
 
『イブキジヤコウソウ』

IMG_0116.JPG
  
『コイワカガミ』

IMG_0115.JPG
 
『シナノキンバイ』

IMG_0124.JPG
  
『タカネスミレ』

IMG_0118.JPG
 
『アオノツガザクラ』

ミヤマオダマキ.JPG
 
『ミヤマオダマキ』

IMG_0123.JPG
 
『ミヤマキンポウゲ』

IMG_0130.JPG
  
『ミヤマオダマキ』

本日の宿、村営白馬岳頂上宿舎に到着です!.JPG
  
『ようやく今日の宿、村営白馬岳頂上宿舎に到着です!』

少し休んでから白馬岳へ向かいます。
稜線の高山植物を鑑賞しながら歩きました。
少し休んでから白馬岳へ向かいます。.JPG

リンドウと白い花?.JPG
 
『チシマキキョウとイワツメクサ』

IMG_0145.JPG
 
『ウサギギク』

IMG_0146.JPG
『ミヤマウイキョゥ』

白馬山荘に寄り道してケーキセットでひと息入れて、それから山頂へ。
あいにく曇っていて眺望がなく、山頂の写真のみです。
IMG_0149.JPG

3日目、晴天です。周囲の眺望も抜群です。
昨日登った白馬岳遠望.JPG
  
『昨日登った白馬岳遠望』

剱岳.JPG
 
『剱岳の遠望』

白馬杓子岳、白馬鑓ヶ岳の山頂を踏み、今日のゴールの鑓温泉へ進みます。
杓子岳山頂.JPG
  
『杓子岳山頂』

IMG_0169.JPG
  
『白馬鑓ヶ岳を目指す!』

白馬鑓ヶ岳.JPG
 
『最後のピーク白馬鑓ヶ岳山頂着です』

IMG_0172.JPG
 
『チシマキキョウとシコタンソゥ』

チングルマ.JPG
 
『チングルマ』

花が終わったチングルマの種.JPG
 
『花が終わったチングルマの種』


ツルツル滑る岩の鎖場を通過すると今夜の宿、白馬鑓温泉が見えてきました。
白馬鑓温泉小屋着.JPG
『白馬鑓温泉小屋着』

鑓温泉の露天風呂.JPG
  
『鑓温泉、雲上の露天風呂!本当に気持ちよく、疲れが吹っ飛びました。』

最終日、4日目、猿倉へ戻りますが、
今年は雪が多いのか、3回雪渓を渡りました。

雪渓のトラバース、猿倉を目指し下山です。.JPG
 
『今年は雪が多いのか、3回雪渓を渡りました。』


どんどん下っていくにつれて、また違った花々が咲き乱れて、和みます。
タテヤマウツボグサ.JPG
 
『タテヤマウツボグサ』

タマガワホトトギス.JPG
 
『タマガワホトトギス』

シモツケソウ.JPG
  
『クガイソウとシモツケソウ』

杓子岳を見上げる!.JPG
 
『杓子岳を見上げる!あとは猿倉を目指しひたすら下る』

小屋を出発してから約5時間半で猿倉に戻りました。
台風5号の行方を気にしつつの4日間、雨に降られることもなく、花三昧の山行でした。
リーダーのカッコさん、Aさん、お疲れ様でした。(記:Yさん)
posted by てっぺん at 10:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | 縦走山行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする